ドラクエ8プレイメモとか(12/2〜)

・一応発売日に買ってます(笑)念のため。
・時間が無かったため、遅れての更新となります。
・攻略についてはアテにしないほうがいいです。DQはあまり慣れてないほうなので。

登場人物

主人公
 元々は城の兵士。だが城が呪いによって時が止まった状態になり、その中で生存(?)した一人。
 ペットに偉大なる力があるのか?兵士らしく剣・槍・ブーメランを使う。
 覚える呪文は主に回復や移動系のがメイン。歴代勇者が使う特技や呪文も覚えられる。
・ヤンガス
 元々山賊。主人公と出会い、助けてもらった恩で共に旅に出る。(最初から仲間に入ってるが)
 見た目に反した行動や、王の登場のときの「げっ、おっさんいつの間に」にワロタ
 戦士系のステータ
スだが、盗賊系の特技も覚える。
・ゼシカ
 金持ちの娘。マリベルですか?性格は違うけど。
 魔術師系のキャラ。なのに意外
と長剣も装備できるようになるらしい。
・ククール
 鳥・・じゃなくてれっきとした騎士団の兵士。登場シーンからしていきなりイカサマかよ。
 DQで言えばクリフト系か?回復系の呪文を多く覚える。主人公と並んで万能キャラ。
・トロデ王
 というより魔物にされた哀れな姿で登場。戦わないくせに口だけは達者。
・馬姫
 ゲーム開始数分であっと言わせてくるようなキャラ。ある意味悲劇のヒロイン。(謎

「ためる」について
 ・溜めるごとに「5」→「20」→「50」→「100」。
  というよりもこの数字自体謎なので、1段階→2段階・・・と数えたほうが良いと思う
 ・「タンバリン」を使うと味方全員のテンションを一段階上げる。
 ・敵によってはたまり具合に関係なく、いきなり20UPとかある。
 ・最大までたまると「スーパーハイテンションになった」と表示され、これ以上溜められない
 ・ぱっと見た感じ効果あるのは・・・
  「攻撃」「攻撃系特技・呪文」「回復系特技・呪文」「スカラ系・ピオリム」。
  これらの効果が上昇する。1回溜めただけでも2倍以上の効果になるので有効。
 ・溜めないと全然ダメージの通らない敵も結構いる。
  →攻撃の属性が"テンション属性"へと変わるそうです。耐性を持つ敵が少ないため普通に
    ダメージが通るようになります
 ・睡眠・麻痺などのステータスになるか、おたけびなどで行動不能にされたらテンションが戻る。
  なぜか「いてつく波動」でも戻る

有効な使い方
 ・HPの高い敵や硬い敵を攻撃するときに有効。
 ・敵の数が多くてかつブーメランで攻撃する場合
 ・MPを節約したいとき。ためる→ホイミ等で。序盤は知っていると有利
 ・一部の敵は"打撃属性"に耐性を持っている。そういう敵には一度ためてから攻撃しよう!

スキルポイントについて
 ・レベルが上がるとそれぞれもらえる。5つのスキルに振っていく。
 ・序盤は主人公とククールのもらえるポイントが少ない。
 ・種類は「呪文」「特技」「その武器を装備しないと(または武器をはずしていないと)使えない特技」「その武器を装備した状態で発揮されるスキル」。
  比較的使える特技が多いので、いくつか武器を持ち歩くと良いかも。
 ・振り方一例
  主 剣38 槍 0 ブ40 闘 0 勇44
  ヤ 斧84 鎌 0 打 0 闘12 人24
  ク 剣 0 弓 6 杖48 闘 0 カ26
  ゼ 短 0 鞭 0 杖64 闘 0 色33
 ・・・某サイトを見た感じ無難な振り方してるらしい。

有効な振り方
 ちょい振りより極振り。ただし中にはちょっとのポイントでかなり使える特技を覚えるのもある。
 (例:ヤンガスのにんじょう)

12/6
 裏ボス撃破&更に1回倒した。
 1回目は弱いが2回目からは強い。
 あんまりネタバレしたくないんでちょっとだけ。

 裏ボスRound1
 攻撃、痛恨、灼熱の炎
 ほとんどが攻撃です。フバーハで灼熱のダメージを和らげれば、あとは特に問題なし。灼熱もほとんど撃ってきませんが。痛恨で即死するので、ゼシカはザオリクを習得させたい。

 裏ボス第一形態
 ためる、せいけんづき、しんくうは、波動(2回行動)
 呪文で固めてもすぐに波動が飛んできます。補助とためは最低限にしどんどん攻撃していこう。
 メラゾーマが有効。

 裏ボスRound2以降
 攻撃、痛恨、(2回戦以降は形態によって変化)
 行動はどのボスもほぼ同じ。行動にはばらつきがあり、一定のモードがある様子。痛恨の割合が多いので死者が出たらすぐに復活すること。ピオリムを使い、全員が敵よりも先に行動できるようにすると安心。賢者の石(orベホマラー)とベホマを使い分け、瞬時に回復。で余裕があればバイキルトで援護。長期戦になるため攻撃の隙があればすぐ攻撃していきたい。