ジョブリスト
※能力はレベル1(無装備)のステータスです。
ジョブ JP 装備可能武器 HP MP
備考
見習い戦士 45 短剣騎刀 70 13 22 22 22 23
基準となるジョブ。工夫次第で何でもこなせる。
ナイト 29 短剣騎 112 8 33 34 5 14
攻めにも守りにも使える。アビリティは早めに習得しておきたい。
モンク 23 - 121 5 35 29 4 22
HP,力はナイトより上。レベルが上がれば素手が強力に。
白魔道士 29 55 20 10 10 38 19
能力的には弱いが、白魔法は重要。早い目の習得を。
黒魔道士 27 短ロ 58 21 10 12 39 15
魔力やMPが高い。中盤までの雑魚散らし役としては十分。
シーフ 32 57 8 22 21 11 46
素早さを除いて能力が低い。ライブラリ集めには必須。
時魔道士 27 短杖ロ 60 17 13 15 36 23
魔道士系の中ではバランスの取れたステータスを誇る。
バイキング 39 短斧 89 5 36 25 5 28
力が全ジョブ最高のほか、扱いやすい能力と高いJPを誇る。
赤魔道士 23 短剣聖ロ 63 11 29 16 31 21
能力が中途半端だが、装備で補っていける。
青魔道士 26 短剣ロ 63 13 27 13 33 16
重装備が可能。赤魔道士と似たような運用方法で。
召喚士 23 56 21 7 7 47 12
魔力とMP以外はかなり低い。召喚は他のジョブにつけたほうがいいかも。
アイテム士 31 75 13 24 16 19 28
能力的には戦闘にはやや不向きか。ボス戦では役立つ。
格闘家 31 91 4 32 39 7 27
高い体力を持つため、警戒を覚えれば最速に。
ハンター 31 短弓 77 6 30 24 11 31
ハンティング次第で強くなる。みだれうちのためにも育てておきたい。
ゲートキーパー 34 短剣 102 10 29 22 13 19
斧装備+片手持ちなどでバランスの良いキャラに。
竜騎士 34 短槍 102 6 31 26 11 25
バイキングと並び扱いやすい。ジャンプだけなら後列でも可。

ジョブ JP 装備可能武器 HP MP
備考
クレリック 34 57 19 7 12 35 23
白魔道士より使いやすいステータス。ボス戦では入れておきたい。
学者 40 短本 79 9 23 18 33 18
高いJPと赤・青魔道士に似たステータスを併せ持つ。
ネクロマンサー 35 短杖鞭 60 18 20 20 22 20
MP以外の能力は低いが、便利なアビリティをいくつも習得する。
魔法剣士 30 短剣 89 9 30 18 12 21
バランスの取れた前衛型ステータス。両手持ちもセットしておきたい。
踊り子 26 65 18 26 18 27 30
おどるでMPを吸い取りながら、白魔法でも使わせると結構便利。
吟遊詩人 39 短琴 60 9 17 20 25 35
JPと素早さ以外の能力は低い。弓矢装備をセットするのが無難か。
シェフ 33 131 4 27 26 5 23
HPがダントツで高い。斧や刀を装備させて前衛で運用させたい。
風水士 32 短杖 72 14 7 12 38 26
クレリックと並び万能型魔道士。意外と魔力は高い。
23 短刀 88 7 34 22 10 30
JP以外は扱いやすい。刀を両手持ちで使っていこう。
錬金術師 31 短ロ 65 20 24 20 12 19
MP以外は利点無し。魔力を上げて魔道士としての運用か。
魔剣士 33 短剣騎魔 77 14 30 17 19 16
アビリティ次第で柔軟な運用が可能。魔法でも武器でも。
パラディン 33 短剣騎聖 80 13 31 22 22 16
見習い戦士や魔剣士と似たようなスペック。柔軟に使いこなそう。
デジョネーター 32 短剣鞭 60 8 34 19 7 37
HPは低いが、後列で攻撃できるので、あまり気にならない。
レンジャー 30 短弓 70 9 27 23 15 31
ハンターと比べると力不足は否めない。盾装備のメリットを活かそう。
忍者 22 83 8 25 15 14 41
JPが低いので運用が難しいが、かじるを使えば強い。

ジョブ JP 装備可能武器 HP MP
備考
ソードマスター 25 短剣騎聖 91 13 29 32 6 18
剣技を使うには申し分ない能力。体力UPや両手持ちで更なる強化を。
アウトサイダー 20 短剣騎魔 87 11 27 22 14 20
JPと能力は低いが、ジョブ特典で補っている。
魔界幻士 23 短杖ロ 56 21 8 7 47 15
召喚士の完全上位互換。応援+MPターボ+属性強化装備お勧め。
賢者 23 杖ロ 65 17 7 12 34 23
魔力とMPは抑え目。全魔法は別のジョブで使いたいところ。