ロックマン10ステージ&ボス攻略

難易度はノーマル準拠になっています。イージーでも同じ攻略法は通用します。

ブレイドマンステージ

 結構いやらしい雑魚が多いステージ。
 ステージ自体も針や落とし穴が多いため、ロックマンに慣れていないプレイヤーにはつらいステージかもしれない。ラッシュジェットがあれば多少楽に突破できる。
 このステージ独特の仕掛けとして、天秤(?)がある。左右の天秤をうまく渡り進んでいこう。上にある方の天秤に乗ると、右方向に進み一定時間乗らないと自動的に元あった場所に戻ってしまう。

 中ボスは3箇所ある目に攻撃すればOK。左右2つは足場に乗ってから攻撃しないと当たらない。
 ウォーターシールドがあればかなり楽に倒せるようになる。

HARDMODE
 斧の敵の移動速度が異常に早くなり、強敵となる。
 特殊武器ですばやく倒せないと厳しい相手。
 それ以外は敵の攻撃が激しくなったほかはさほど変化が少なく、落ち着いて倒していければステージ自体の難易度はあまり高くない。
 
vsブレイドマン
 ジャンプで距離をとりながら、壁・天井に張り付きながら3WAYのブレードを飛ばしてくる。
 距離が近いと床に着地することもある。(特に何もしてこないが)
 ブレイドマンに向かって歩けば回避がしやすい。ブレイドマンの動きにあわせて先読みしながら近づいていく感じで戦っていこう。
 左右の壁際は比較的安全地帯になっている。天井に張り付いたときは壁際で真上にジャンプするとかわしやすい。
 動きさえ読めるようになれば完全にパターン化できるので、一番楽なボスになる。

 弱点は
コマンドボムの爆風。(ボム自体はカスダメージなので注意)
 左右の壁に張り付こうとしているところに先読みでボムを着地地点のやや下にぶつけると当てやすいだろう。

 ハードモードではブレードが5WAYになって格段に避けづらくなった。
 さらに地面に降りたときに高速で体当たりしてくることがある。
 動きが変化して、イージー〜ノーマルのようなパターンハメはできないので注意。

ソーラーマンステージ

 飛び交う炎、敵の配置など厄介なステージ。
 特殊武器が乏しいとボスにたどり着くのが困難だろう。
 ある程度特殊武器を入手してから攻略したほうがよい。
 炎はタイミング良くくぐるか、ウォーターシールドを張って進もう。

 このステージの中ボスは、2体一組になっている。
 炎を飛ばしてから体当たりしてくるヒートマンに近い行動パターンを持つ。
 地面に降りている間に連射して一気に倒そう。

HARDMODE
 敵の攻撃がいやらしく、はしごの不安定な場所からの攻撃が多くてバスターだけでは処理が難しい。
 どんどん体力を削られてやられるパターンが多かった。

vsソーラーマン
 自機めがけてジャンプしつつ、下方向にソーラーブレイズを撃ってくる。ソーラーブレイズは地面にぶつかると左右に拡散する。
 また、攻撃している最中に時々頭のエネルギーで弾を防いでくることがある。
 防がれた場合エネルギーが大きくなり、ソーラーブレイズの当たり判定も大きくなり回避が難しくなってしまう。(一度発射すると元の大きさに戻る)
 バスターで倒すにはちょっと難しい敵である。

 弱点はウォーターシールド。
 一撃でも大きなダメージを与えられ、大体2〜3回分のエネルギー消費で倒すことができる。

 ハードモードはエネルギーを上空に打ち上げ、自機のいるところに落としてくる。
 避けづらい厄介な攻撃なので弱点を使って速攻で倒したほうがいい。

シープマンステージ

 このステージ特有のトラップが多い。
 右の図のような色がついたブロックは、踏むと隣接した同じ色のブロック(と針)が一定時間後に消えるというもの。
 図のように消す順番を間違えると取れなくなってしまう場合があるので注意。

 左の図の足場(人力発電機?)は踏んでも進めないが、ある程度歩くと足場ができ、先に進めるようになる。ロックマンの足が速くなるまで待たないと足場がすぐに消えてしまうので注意。
 中ボスもこの仕掛けを使って充電をしないとダメージを与えることができない。

 終盤はシリーズ恒例、消える床が登場する。
 今回はそれほど難しくなく、覚えれば簡単に進める。面倒だったらラッシュジェットでもOK。

HARDMODE
 色のついたブロックは変化なし。消えるブロックはパターンが変化。
 ただ、敵が硬いのがいるためトリプルブレイドなどが無いと少々しんどい。

 個人的には中ボスが一番厄介だった。
 ダメージを与えられるタイミングが短くなっている。

vsシープマン
 どうみてもメリープです。本当にありがとうございました。
 サインカーブを描くような軌道の電撃弾を飛ばしたり、雷雲に変身(?)して空中から雷を落としてくる。(ノーマルでは雷が落ちたときに周辺の地面にもダメージ判定があるので注意)
 前者は状況しだいでジャンプでかわすかくぐるなりで回避。
 分裂後はしばらく攻撃できないので、回避に集中し地面に降りたときに反撃しよう。

 弱点はリバウンドストライカー。
 分裂したときに、バウンドさせたボールを当てるとより高威力になる。
 要はバウンドさせると威力が上がるため。

 ハードモードはスピードアップに加え、雷が地面端まで届くようになっている。
 オリジナルより少しだけ強くなったって印象。


チルドマンステージ

 足元が凍っていて滑りやすいステージ。
 ステージそのものの難易度はそれほど高くないが、足元のせいで余計なダメージを受けやすい。

 このステージの特徴といえる氷のブロックは、2回踏むと壊れてしまう。(正確にはジャンプなどでブロックを踏んだときにひびが入る)バスターなどでも壊すことが可能。敵の中にも壊してくる敵がいるので、そういった敵は優先して倒していきたい。

 後半は上空から、左右からと攻撃を断続的に受け、気がつくと氷のブロックが壊れてティウンしてしまうことも。十分気をつけたい。

HARDMODE
 雑魚がかなり増えている。シールドを持った敵がかなり厄介。
 序盤にネジがたくさん手に入るようになったため、ネジ集めのコースとしては優秀。

vsチルドマン
 地面が氷になっており、非常に滑りやすい状態での戦いとなる。
 自機に近づきながらチルドスパイクを斜め下、斜め上方向にとばしてくる。
 非常にシンプルなパターンとなっているが、地面が地面なのでかわしづらい。攻撃するチャンス自体は多いので、どんどん攻撃していきたい。こまめに小ジャンプをして自機を制御したい。
 ある程度距離を保たないとチルドスパイクに当たり一気に削られるので注意。

 弱点はソーラーブレイズ。
 地面に張られたチルドスパイクを壊しながら攻撃できて便利。

 ハードモードはチルドスパイクを3発投げてくることがある。
 ほか、大ジャンプしてチルドスパイクを5つ投げてくることも。
 回避は難しくなったが、ノーマルと同じ戦法で勝てる。大ジャンプ後は左右の壁から少し離れたあたり(自機1体分程度のスペース)でとどまればかわせる。