ロックマン10ステージ&ボス攻略

難易度はノーマル準拠になっています。イージーでも同じ攻略法は通用します。

コマンドマンステージ

 砂漠ステージ。砂嵐が吹き荒れたりと厄介なステージである。
 一部マップでは、右のような砂嵐が一定時間ごとに吹き荒れて少しずつ飛ばされる。

 要注意の敵は穴から飛び出てくる敵。
 近寄るといきなり飛び出てくるので注意。倒しても次から次へと出てきてジャンプのタイミングを逃しがちになりやすい。

 序盤に分岐ポイントがある。どちらを進んでもよいが、下のほうがE缶がおいてある分有利。

 砂嵐エリアはこのステージの難所。段差を使っておさまるまでまとう。
段差が無い場所にいるときに砂嵐がきたら、ラッシュを呼び出し、ラッシュの居場所を頼りにやり過ごそう。問題は穴から飛び出す敵。パラシュートのせいか風向きに飛んでくるので要注意。
 3番目の追い風のように飛んでくるエリアは、進行方向にキーを入力しないと針に当たるor落ちてしまうので注意。
 4箇所目のラストは、逆に砂嵐を使って大ジャンプで一気に飛ぼう。ラッシュコイルでもいけるっぽいけど。

HARDMODE
 地面にある爆弾が、後半では落とし穴になっている。
 敵の弾でも爆発するため、うっかり足場を減らされないように注意。

 砂嵐が吹く感覚が短く、そして長くなった。
 砂嵐がやりすごせない場所で吹いてきた場合は敵(あり地獄)やアイテムを目安に落とされないように踏ん張ろう。

vsコマンドマン
 ジャンプしながら、自機めがけてコマンドボムを発射してくる。着地時に地面についているとバランスを崩してこけてしまう。
 コマンドボムは直線的な動きで、足元に飛ばしてきて着弾すると周囲に爆風が発生する。
 シンプルながらもかわしづらい。ボムが飛んできたらジャンプで誘導し、うまく爆風をかわそう。

 弱点はホイールカッター。当てるのがちょっと難しいが・・・。
 隣接して連射すれば秒殺もできる。

 ハードモードでは地面に撃って衝撃波を飛ばしてくることがある。


ニトロマンステージ

 近代の街のようなステージ。
 ステージ中にトラックが走っているゾーンがあるのが特徴的。
 このトラックは乗れるほか、チルドスパイクで壊すことができる。

 終盤にはカウントダウンする足場が登場。「0」になると爆発し足場が消滅する。
 横に配置されているものは、横からぶつかればOK。

 トラック以外に特に難関は無く、ステージの難易度は低い。

HARDMODE
 メットールが大量に配置されている。じわじわと体力が削られるのがきつい。
 トラックの速度もアップ。

vsニトロマン
 行動パターンは以下のとおり。
 ・バイクに変形して体当たり
 ・ホイールカッターを投げてくる

 ホイールカッターは壁をつたわり、天井に到達すると落ちてくる。2発連射して飛ばしてくることも。敵の動きもあいまって回避は難しい。

 弱点はチルドスパイク。
 本体に直接ぶつけると少しの間動けなくなり、足元に設置すると踏んだときに大ダメージを与える。
 直接撃ってもたいした威力にならないので、敵の近くに設置することを心がけよう。

 ハードモードはバイクに変形したときに向きを反転させるときの隙がほとんど無くなっており、まさにステージを縦横無尽に駆け回ってくる。

ストライクマンステージ

 野球のグラウンドなのか、サッカーのグラウンドなのか良くわからないステージ。
 トラップこそ少ないものの、敵の数が多いため被弾しやすい。

 中ボスのゴールキーパーは、頭の箇所だけに判定がある。
 片手だけ飛んできた場合はサッカーボールが、両手とんできた場合は特に飛んでこない。
 手が地面に着地したときに地面にいると、振動で動けなくなってしまう。
 手に乗って、頭めがけて連射すればよい。ブレードを使えばより効率的にダメージを与えることができる。(他にも上方向に攻撃できるコマンドボム(爆風)なども有効)

 後半の大きなサッカーボールは、バスターを撃つと上昇し足場となる。
 ただ、とげがついたボールは中央部のとげに触れるとダメージを受けてしまう。バスターを撃って上昇した隙にくぐろう。

HARDMODE
 とげ付のボールが増加している。
 実は中央部に乗っていなければ、ダメージを受けないので普通のボール同様乗っていこう。
 面倒ならばラッシュコイルで飛んでもよい。
 雑魚の配置がいやらしいので、できれば先にチルドマンを倒して武器を手に入れておきたい。凍らせたり倒しながら進むだけでもかなり楽になる。

 むしろ、一番つらいのはゴールキーパーだろう。
 ボールの動き、手の動きともにかなり早いので苦労させられる。

vsストライクマン
 野球のピッチャーみたいな容姿で、ボールを投げてくる。
 バウンドした際に自機めがけて直線的に飛んでくるという、メジャーリーガーも顔負けな魔球っぷりを見せる。
 時々丸くなって体当たりをすることがある。この間は無敵状態。

 弱点はトリプルブレード。接近して3発分当てるとかなりのダメージになる。

 ハードモードは球速が早くなったくらいだが、たまにジャンプしながら回転し、ボールを4つほど投げてくることがある。
 投げ終わったあとは疲れ果てて隙だらけになるので、攻撃を仕掛けたい。
 弱点さえ持っていれば、ハードモードでも楽に倒せる。


ポンプマンステージ

 下水道のように地上と水中を行き来するステージ。
 水中ステージにはもはや恒例の、即死針祭りになっている。
 しかし9ほどシビアなところも無く、慣れている人ならあっさり進むことができるだろう。
 (不安な人はショックガードをいくつか買っておこう)

 このステージにいるメットールが飛ばしてくる赤い液体はダメージこそ無いものの、滑りやすくなってしまうことを覚えておきたい。一定時間後に消えるのでそれまで待ったほうが吉。
 メットールが飛ばす赤い液体は、ウォーターシールドで消すことが可能。ワイリーステージにいるときには使えるので覚えておきたい。

 管から水が出ているところでは、水の流れによりジャンプ力が落ちる。
 そのため、ジャンプは結構シビアになっているので注意。
 
 途中の分岐点は、下に行けば水中(針ゾーン、終点にE缶あり)、右にいけば地上ゾーンがある。
 地上は難所があって大変なので、水中へ行きおいしくE缶もいただきたいところ。

HARDMODE
 メットールの液体が消えるまでの時間が長くなっている気がする。
 全体的に雑魚が増えただけでなく、分岐点下の針ゾーンの仕掛けが変化。針が敷き詰められているところは、バブルに触ってしまうとそのまま針にぶつかってしまいがちなので十分気をつけたい。

vsポンプマン
 ウォーターシールドをまといながら自機めがけて数回ジャンプ→シールドを拡散の繰り返し。
 近すぎると当たりやすく、遠いと攻撃が狙いにくいので近すぎず遠すぎずの距離を保つのがベター。
 壁に追い込まれたらジャンプしている下をくぐって退避しよう。

 弱点はサンダーウールの雷。雷雲自体はほとんどダメージが出ない。
 雷はウォーターシールドを破壊してくれるので便利。バスターでも連射すれば壊せるけど。
 この武器自体癖があり当てるのはコツがいるが、距離を保ちながら撃てば当たることが多い。
 雷に当たると同時にバリアも消えるので、すかさず追撃しよう。

 ハードモードではシールド拡散のあとにポンプの先端を投げつけてくることがある。
 これに当たると大ダメージを受ける(ロックマンでも1/3くらい減る)のでジャンプでかわすこと。